CM

2009年3月31日 (火)

最近、気になるといいますか、

視覚的にもそうなのですが、メロディも耳から離れないCMが2つあります。

一つ目は、

お口の恋人「ロッテ」のFit’sのCM。

噛むとフニャンnoteニャンニャンニャニャンフニャンnotenote

ダンスも楽しいと思っていたら、

優勝賞金100万円のフィッツダンスコンテストも開催中だそうです。

二つ目のCMは、

サントリー プロテインウォーターのCM。

1970年代に流行ったVan McCoy のDo The Hustleの曲に合わせて中村獅童さん、松田翔太さんの「細マッチョ軍団」とデストロイヤーの覆面を被った「ゴリマッチョ軍団」とのはないちもんめのようなダンスが面白いです。

中村獅童さんは細マッチョのイメージではないのですが、その存在感はなかなか笑えます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月19日 (火)

祝10000アクセス

皆様、ありがとうございます。

知らぬ間に10000アクセス達成していました。

これからも宜しくお願いします。

**********************************************

最近よく流れているDoCoMoのテレビCMに

使われている曲が良いって友人に言われまして、

私的には、はて?どんな曲だっけ?って感じだったのですが、

改めて聴いてみると、成る程、良い曲ですね。

START!DoCoMoキャンペーン「高校生のはじまり」篇

YouTube 青山テルマ feat. SoulJa - そばにいるね

青山テルマ feat. SoulJa - そばにいるね 歌詞

でも、青山テルマfeat. SoulJa って誰?

まずは、青山テルマで検索してみると、彼女のホームページのプロフィールに、

1987年10月27日生まれ、19歳。トリニダード・トバゴ人と日本人のクォーター。B型、奈良県出身。3歳の頃にジャネット・ジャクソン「リズムネイション」のPVに興味を示しテープが伸びきってしまうで観続けたという。大阪インターナショナルスクール(大阪府箕面市)を小学校6年生まで過ごし10歳の頃から歌う事の楽しさに目覚めゴスペルを習い始める。12歳の時家族と共にLAへ移住。2002年冬には拠点を東京へ移し、調布のアメリカンハイスクールに通いながらヴォイストレーニングを強化。現在は大学に通いながら、童子‐T、DS455、SPHEREof  INFLUENCE等の作品に参加し高い評価を得ている。キュートな容姿を備えつつ、繊細でパワフル、感情豊かな歌声を絶妙にコントロールする彼女は、注目のR&Bシンガー。

とありました。

で、feat.って何?

feat.とはフィーチャリング(featuring)のことで、特定の人物・事柄などを特色として際立たせる事。日本語では「客演」と訳される。

のだそうです。

そして、SoulJaって誰?

SoulJaは、日本人の父とベルギー人の母の間に生まれた。日本のシンガーソングライター・ラッパーである。幼少期からベルギー人で音楽家である母親の影響を受け、バイオリン、チェロ、ピアノを通じ、音楽を学ぶ。家庭の都合でベルギー、アメリカ、日本など世界中を転々とする環境にあった。その中で、人種差別や国際的社会問題に嫌でも直面しなければならなかった彼の抑圧された魂を“ラップ”という表現方法で人々に発信。
05年、オダギリジョーが出演する『メンズビューティーン』CMのソングに彼の楽曲「First Contact」が抜擢されると、CMがオンエアされるや否や問い合わせが殺到、リリースされたCDは即ソールド・アウトとなる。07年にはシングル「DOGG POUND」で待望のメジャー・デビューを果たすこととなるが、それにあたっては、YMO、荒井由美などを手がけた名プロデューサー、川添象郎が尾崎豊をプロデュースして以来、数10年ぶりの全面プロデュースを行い話題を呼んだ。また、シングルのカップリング曲「CASSIS」を細野晴臣が提供、次回シングルのカップリング曲は高橋幸宏が提供するという、超豪華アーティスト達のバックアップも話題。

なのだそうです。

「そばにいるね」は青山テルマとしては2作目となるシングルだそうで、前年9月に発売され、ロングヒットを記録した『ここにいるよ feat.青山テルマ』へのアンサーソングなんだそうです。

前作はSouljaの作品に共作名義で参加した形でしたが、続編となる今作はクレジットを逆転させての発売となったそうで、。『ここにいるよ』とは対照的に女性目線での歌詞となっているそうです。

YouTube ここにいるよ feat.青山テルマ

ここにいるよ feat.青山テルマの歌詞

うん。おじさんも良い曲だとおもいます。

そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa

そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa

アーティスト:青山テルマ feat.SoulJa,青山テルマ,童子-T

そばにいるね 青山テルマ feat.SoulJa

ここにいるよ feat.青山テルマ

ここにいるよ feat.青山テルマ

アーティスト:SoulJa,青山テルマ

ここにいるよ feat.青山テルマ

**********************************************

R-1ぐらんぷり2008、私的には鳥居みゆきさんのファンですが、

優勝は世界のナベアツさんかなと思っていたです。

でも、なだき武さんは完璧でしたね。

芋洗坂係長さんは初めて見たのですが、

さすがにR-1ぐらんぷりの決勝に残るだけあって面白かったです。

YouTube R-1ぐらんぷり2008 なだき武

YouTube R-1ぐらんぷり2008 芋洗坂係長

ややこしや~っていうフレーズを聞くと野村萬斎さんの「日本語であそぼ」を思い出します。

まだやっているのかなぁ?

NHK 「にほんごであそぼ」 ややこしや編

NHK 「にほんごであそぼ」 ややこしや編

アーティスト:教材用

NHK 「にほんごであそぼ」 ややこしや編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

Feist ”1234”

新iPod Nano のCMで使われている曲。

カナダ出身の女性シンガー・ソングライター Feist(ファイスト)の”1234”いいですね。

何か懐かしい感じがするのは何故だろう。

最初にコマーシャルを見たときには、画面では小さいこともあって、声だけ聞いてbjork(ビョーク)かなって思ったのですけどね。全然違ってました。

Pic_youtubelogo_123x63 Ipod Nano New TV Commercial

Pic_youtubelogo_123x63_2 Feist - 1 2 3 4

Pic_youtubelogo_123x63_3 Feist - 1234 TV

Pic_youtubelogo_123x63_4 Feist: One Evening

曲はともかく、踊りがちょっと(超?)笑えるFeist: One Eveningもお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月27日 (金)

カクカクダンスの親子

最近、『牛乳に相談だ』っていうCMに出ているカクカクした変な動きで買い物に行く親子が気になって、ちょこっと調べてみました。

You Tube 中央酪農会議 牛乳に相談だ。 「ショッピング篇」

この変な動きのダンスは『アニメーションダンス』っていうらしくて、踊っている親子は、子役がLa Hip StyleのREONAさん(LA HIP STYLEとは姉妹REONA(11歳)とURAN(9歳)のキッズダンスユニット)で、母親役がアニメーションダンサーのKAZUMIさんというのだそうです。

この人間とは思えない動きをする『アニメーションダンス』では、CMによく出ている子供にストロングマシン2号さん(村上 真魚(むらかみまお1995年6月12日生)BULE SPLASH所属のタレント)はよく見たことがあるのですが、とても愛嬌があって面白いです。(ちなみに、ストロングマシーン1号はお父さんだそうです)

Pic_youtubelogo_123x63_13 Polysics- I My Me Mine (Strong Machine 2 Version)

でも、牛乳に相談だ「ショッピング編」のREONAさんとKAZUMIさんの動きは凄いですねぇ。正直あの動きで街中に現れたら、ちょっと引きますね。気味悪いですもん。

KAZUMIさんとストロングマシン2号さんの競演動画もありました。

Pic_youtubelogo_123x63_14 アニメーションダンスバトル

************************************************

それにしても、中央酪農会議・牛乳に相談だCM集はどれも面白いですねぇ。

Pic_youtubelogo_123x63_15 牛乳に相談だCM

Pic_youtubelogo_123x63_16

牛乳に相談だ・ナイスバディー編

******************************************

Pic_youtubelogo_123x63_16日テレ・スッキリ!!謎の親子の正体は?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

ラップ少女

昨日のブログで書いたのですが、めちゃイケに出ていた面白いラップ少女というか、ラップ娘といいますか、その元ネタが判りました。レモンガスのCMのパロディーだったんですねぇ。

CMを見たことがなかったものですから、

すごく新鮮で面白かったのですYOー。

CMも面白いですね。

You Tube レモンガスCM 1

You Tube レモンガスCM 2

You Tube レモンガスCM 3

You Tube レモンガスCM 4

レモンガスホームページ

それからアクアクララのCMにも出てましたYOー。

You Tube アクアクララのCM ラップ娘(あやめちゃん編) 

You Tube アクアクララのCM ラップ娘(母ちゃん編)

You Tube アクアクララのCM ラップ娘(父ちゃん編)

Tou Tubeのコメントに

ラップが大好きなラップ娘・あやめちゃんが、ラップのリズムでアクアクララを紹介するよ。
お部屋のどこかをクリックするとアクアクララを紹介する楽しいコンテンツが飛び出すY O!

って書いてありました。ラップ少女の名前は『あやめ』ちゃんというらしいですYO-。

そしてあやめちゃんのお家もありましたYOー。

ラップ娘 あやめのお家

私が知らなかっただけで、結構有名人だったんですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

サントリーモルツのCM 2

昨日の続きです。モルツのCMの「いい町を感じた」編で、吉岡さんが電車から降りた駅は、残念ながら川奈駅ではありません。神奈川県の根府川駅らしい?のですが、未確認です。

画面が変わって、吉岡さんが引っ越した町で、釣りの名人の勝野さんと、自転車を引いている大家さんの田中さんの場面は川奈だと思うのですが、青果店の兄妹の次長課長の河本さんと松下さんの場面はちょっと判りません。

「引っ越した」編の冒頭部分は、川奈駅から川奈の海に下って行く、海岸手前のカーブの処でした。

A_2

Photo_49 

そして、引越し先が、この道路の脇の階段を上った高台という設定なのですね。

A_3

Photo_50

この脇の草むらに、ひょっとしたら、まだ落としたボールが残っていそうな気がしましたが、この辺は閑静な個人住宅地なので、怪しげな行動は控えました。

実際には、この引越し先の高台から、昨日紹介した伊東市の全景は見えません。駅にしてみても、川奈駅は伊東駅から2つ目ですからね。全然別の場所なのです。

そして「やっと飲めた」編での吉岡さんの立ち位置が、ここです。

A_4

吉岡さんの前のガードから判断すると、川奈のいるか浜公園から撮ったものだと思います。

Photo_51

いるか浜公園についてはまた今度書きたいと思っています。ちょっと前の「きっこの日記」でも触れられていた、いるか漁の話になるのですがね。

話を戻します。釣り名人の勝野さんが、七輪でサザエを焼きながら、ビール片手に釣りをしている場所がすぐには分かりませんでした。A_5

堤防の先の方なのですが、画面が勝野さん中心で回りの景色が見えないので、探すのにちょっとだけ苦労したのです。最初、ヒントとなるのが、勝野さんの後ろの船を縄で固定する為?の岩状のものだけだったのです。それらしい所を見つけたのですが、いまいち確信が持てず、もう一度モルツのホームページの釣り名人の勝野さんの説明を見てみて確信しました。

Photo_52

ここです。ホームページの写真に、この梵天丸という船が同じように写っていたのです。

いるか浜と川奈漁港の間にある堤防でした。

以上で報告は終わるのですが、川奈はCMのようになかなか良い所ですよ。別にこれといって何があるわけでもないのですがね。気持ちの良い場所であることは確かです。

次回のCM「手伝った」がどんなものになるのか楽しみにしています。伊東市民として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

サントリーモルツのCM 1

本日、ざっかや空多は定休日。天気も良かったので前から気になっていた事を検証に行ってきました。

それは、サントリーモルツのCMで、サントリーのホームページの説明をそのままコピらせてもらうと、

サントリー(株)は、「モルツ」の中味・パッケージを一新し、4月10日(火)から全国で新発売します。それにともない、新「モルツ」のイメージキャラクターとして、俳優・吉岡秀隆さんを起用、田中好子さん、勝野洋さん、次長課長(河本準一さん、井上聡さん)、松下奈緒さんら豪華共演陣を迎え、新TV-CM「海が見えた」篇、「いい町を感じた」篇、「引越した」篇、「やっと飲めた」篇、「手伝った」篇を、4月6日(金)から全国で順次オンエアします。

新TV-CMの舞台は、澄み切った青空とどこまでも広がる青い海、四季折々に表情を変える美しい山並みが印象的な「モルツがうまい町」。そんな町へこの春、会社の転勤でやって来た吉岡秀隆さん。田中好子さん、勝野洋さん、次長課長(河本準一さん、井上聡さん)、松下奈緒さんは、それぞれ「モルツがうまい町」で暮らす住人として登場します。
CMは、吉岡さんが初めて町へやって来る電車内で、美しい海を臨みながら「モルツ」を飲む「海が見えた」篇、この町で暮らす住人たちの微笑ましい日常風景を眺め、新天地に期待を膨らませながら「モルツ」を飲む「いい町を感じた」篇、引越しを手伝ってくれた優しい大家さんと、ひと仕事終えた後に「モルツ」を飲む「引越した」篇、地元の漁師から一緒に飲もうと誘われるも、勤務中のため泣く泣く我慢、全ての仕事を終えて、ようやく「モルツ」にありつく「やっと飲めた」篇、初対面の青果店を営む兄妹に声をかけられ、仕事を手伝った後に3人で「モルツ」を飲む「手伝った」篇の全5篇。

また、以前真心ブラザーズが歌ってご好評いただいた「モルツ、モルツ~♪」でお馴染みのCMソングが、13年ぶりに復活。心地よいメロディが、どこか懐かしさを感じさせ、「モルツがうまい町」の世界観を印象づけます。今回歌を担当するのは、ロックバンド“SPARKS GO GO”(スパークス・ゴーゴー)です。

■「モルツがうまい町」 登場人物、キャラクター設定

町にやって来た青年(吉岡秀隆さん)
会社の転勤で「モルツがうまい町」にやって来たサラリーマン。最初はどんな町なのか不安だったが、青い空、青い海、人のいい住人たちとの出会いで、どんどんその町が好きになっていく。枝豆と一緒に「モルツ」を飲むのが最大の趣味。

大家さん(田中好子さん)
吉岡さんが引っ越してきた家の大家さん。優しく面倒見のいい大家さんで、吉岡さんはホッとする。新しい住人である吉岡さんにグチを聞いてもらいながら飲む「モルツ」が、最近の楽しみらしい。

釣りの名人(勝野洋さん)
町の漁師で、釣りの名人。毎朝暗い海に船を出し、豊漁の午後は漁を早く切り上げて、「モルツ」片手にのんびり釣りをすることをこよなく愛している。会社勤めの吉岡さんにとっては、最高にうらやましい存在。

青果店の兄妹(次長課長・河本準一さん、松下奈緒さん)
まったく似ていない凸凹兄妹。2人で青果店を切り盛りしている。マメで働き者の兄と、大ざっぱで勝気な妹は、日々喧嘩しながらもけっこう仲良し。一日の仕事を終えると、2人の仕事を手伝ったことをきっかけに仲良くなった吉岡さんをまじえて、3人で「モルツ」を飲んでは盛り上がっているらしい。

駅員(次長課長・井上聡さん)
この町で唯一の駅の職員。町にやって来た吉岡さんを最初に目撃する。

■「海が見えた」篇CMストーリー
とある町へ向かう電車の車窓から風景を眺めている吉岡さん。トンネルを抜けると、青い海が見えてきました。待ちかねていたように「海だ!」とつぶやいた瞬間、「モルツ、モルツ~♪」という、お馴染みのCMソングが流れ始めます。すかさずタッパーの枝豆を取り出し、「モルツ」を開ける吉岡さん。ここに、絶景を臨みながら、大好きな枝豆と共に堪能する「モルツ」という、最高に贅沢なシチュエーションが整いました。ところが、缶を口に運ぼうとするや否や、電車は再びトンネルの中へ。真っ暗な車外を見つめながら、まんまと目論見が外れた吉岡さんでした。

■「いい町を感じた」篇CMストーリー
駅を降りた吉岡さんが「ここかぁ~」と、町の風景を眺めています。おばあちゃんに親切に道を教えている港の漁師、商品をトラックから降ろしている青果店の兄妹、そして自転車を引いている一人の主婦らしき女性の姿。視線に気付いたのか、女性は吉岡さんに向かって、軽く頭を下げています。一方の吉岡さんも笑みを浮かべながら会釈。そんな町の住人たちの微笑ましい光景に、「いいとこっぽいぞ~」と吉岡さん。まったく知らない土地での新生活に、ちょっぴり不安を抱いていた吉岡さんですが、やさしそうな住人たちに、ひとまず、ホッとした表情を覗かせるのでした。

■「引越した」篇CMストーリー
引越し屋さんのトラックが到着した日。段ボールを持ちながら、家へと続く階段を颯爽と上っていく吉岡さん。ところが、何度も何度も往復している最中、段ボールの底が抜けて、荷物が飛び出してしまいました。そこに入っていたのは、幼少の頃から取っておいた大小、色とりどりのボール。そこへ偶然通りかかった一人の女性が、ボールを受け止めようとしますが、次々と下の方へ転がっていきます。それでも彼女の協力もあって、ようやく荷物を運び終えた吉岡さん。夕暮れ時、一緒に「モルツ」を飲みながら、話を聞くと、彼女は新居の大家さんということが判明。

■「やっと飲めた」篇CMストーリー
勤務中、「モルツ」を片手に、のんびりと釣りを楽しんでいる地元の漁師を見かけた吉岡さん。流れる汗をぬぐいながら、彼の飲みっぷりを、うらやましそうに見つめます。すると、吉岡さんの視線に気付いた漁師。吉岡さんの方に向かって、「モルツ」を両手に掲げながら、「やる?」と問いかけます。しかし、「いえいえ、まだ仕事が…」と、泣く泣くお誘いを断る吉岡さん。残念そうな表情を浮べます。ようやく仕事を終えて家に戻り、ネクタイを外してようやく「モルツ」にありつくことができました。喉を鳴らしながら、飲んでいる吉岡さん。最後に「きた~」と、歓喜の声を上げます。

■「手伝った」篇CMストーリー
トラックの荷台から2人で段ボールに入った商品を運んでいる青果店の兄妹。そこへ偶然、通りかかった吉岡さん。忙しく働く兄と思わず目線が合ってしまいます。間髪入れずに「カモーン!」と手招きし、吉岡さんを呼び寄せる兄。そこから3人で協力しながら、再び商品運びが始まります。ようやく全ての商品を下ろし終え、夕暮れをバックに、並んで「モルツ」を飲む3人。「いい飲み方しますね」(青果店・兄)、「そうですか?」(吉岡さん)などと会話を楽しみながら、嬉しそうに笑っています。日が経つごとに町の住人たちと仲良くなっていく吉岡さんでした。

サントリーモルツのホームページ(CMも見れます)

以上のような説明なんですけど、その吉岡さんが引っ越してきて、いい町を感じた、としてロケされたのが伊東なのじゃないか、と言われていたのです。

その事の検証に行ってきたわけなのです。

結論からいうと、やっぱり伊東でした。

A

テレビ画面を写真で撮ったので写りが悪いですが、この風景は、たぶん伊東市役所の8階から撮ったものだと思われます。

Photo_48

どうですか、ちょっとズレてるけど同じでしょう。

それから『引っ越した』編で引っ越してきたのは、川奈の海岸だということが判りました。

この続きは明日にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)